30代女性におすすめのニキビケアとは?

ニキビ化粧水 > 30代以降の大人ニキビケア

30代以降の大人ニキビケア

10代の頃にできるニキビは思春期ニキビと呼ばれ、皮脂の分泌が過剰であることが原因となっている場合が多いです。20代でニキビに悩んでいる人の中にも、皮脂の過剰分泌が関係している人が多いのですが、30代の場合は様々なことが原因となって大人ニキビが発生してしまいます。
美容外科皮膚科で、ニキビ跡を消す

30代になると仕事で責任あるポジションを任せられることも多くなりますよね。 それに、子育てが忙しくなったり、なかなか自分の時間が取れないという人もいるでしょう。

こういった環境はストレスにも繋がってしまいますが、ストレスもニキビの原因になってしまう場合があるので、ストレスを溜めこまない健康的な生活を目指すこともニキビ対策となります。

30代のニキビ対策といえば、皮脂対策というよりも肌質改善が大きなポイントになってきます。 10代~20代のうちはおでこや鼻の近くにニキビができることが多いのですが、30代になると頬や顎などのあまり皮脂の分泌量が多くないところにニキビができることが増えるのです。

なぜそれほど皮脂が多くないところにニキビができてしまうのかというと、肌が乾燥したことにより角質が毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖しやすい状態になってしまうからです。

若い頃はオイリー肌だったのに、30代を過ぎたら乾燥肌になってしまったという人もいます。 乾燥肌は角質層が厚くなる原因にも繋がってしまうので、お肌の乾燥対策にも力を入れましょう。

それから、30代以降のニキビは様々な原因が重なっている場合もあるので、洗顔や化粧水といった外側からのケアだけでなく、ストレス解消や睡眠不足解消など、いろいろな面からニキビ解消の努力をする必要がでてきます。

また、大人ニキビには必ず大人ニキビ用の薬を使うようにしましょう。 思春期ニキビ用として販売されている塗り薬は皮脂の過剰分泌を抑えたり、乾燥させるタイプのものなので、大人ニキビに使っても意味がなかったり、状態が悪化してしまうことがあります。