思春期のニキビケアとは違ったアプローチが必要!

ニキビ化粧水 > 20代の大人ニキビケア

20代の大人ニキビケア

思春期ニキビが治まってきたと思ったら、今度は大人ニキビに悩まされているという20代の人も多いようです。20代というと、思春期ニキビなのか大人ニキビなのかいまいち判断がつかない場合があるかもしれませんね。

20代になると、同じところにニキビを繰り返してしまう人が多いです。せっかく治ったと思っても、しばらくするとまた同じところにできてしまうため、もしかしたら治っていなかったのかなと疑問に感じてしまいますよね。

実は、これはニキビができた部分の肌が弱っているということが関係しています。 ニキビができてしまうと、その周辺は傷ついて弱くなってしまうのですが、これによりまたニキビができやすい肌になってしまうのです。

つまり、ニキビを治すことに成功したら、今度はニキビができやすい部分を強くしてあげることが大切だということですよね。

健康で元気な肌を作るためには、いくつかのポイントがあります。まず、洗顔料を見直してみましょう。泡の力だけで洗うのもいいのですが、汚れをしっかり絡め取る効果がある洗顔料を使ったほうが毛穴の奥に詰まった汚れも取り除くことができます。

何度も同じところにニキビができてしまうという場合は、今使っている洗顔料では毛穴の汚れを落としきれていない可能性があります。もっちり泡が作れる洗顔料の中には粒子が荒いものもあるので、洗顔料をかえてみるのもいいですね。

また、角質が厚くなってしまっている人は、ピーリング効果がある洗顔料を使うことにより、ニキビができにくい肌を作ることができるでしょう。

次に、保水と保湿についてもしっかり考えてみましょう。 つけた時だけ潤いを感じることができる化粧水を使うのではなく、しっかりその後の保湿まで行うことが大切です。

10代の頃は肌の修復能力が高いのでニキビができにくい人も多いのですが、20代になると本格的なスキンケアを始めなければなりません。ビタミンCが配合されている化粧水や美容液を使うなどして、肌に栄養を届けてあげましょう。