更年期ニキビを解消するには?

ニキビ化粧水 > 更年期もニキビができやすい?

更年期もニキビができやすい?

ニキビができやすい年代といえば、やはり10代が代表的ですよね。 思春期ニキビとも呼ばれますが、10代のうちは皮脂の分泌が盛んであるため、どうしてもニキビができやすくなってしまうのです。

しかし、更年期ニキビと呼ばれるものがあることをご存知でしょうか。これは、更年期を迎えた人に現れるニキビのことなのですが、大きな原因は思春期ニキビと同じです。

思春期にニキビができやすい理由は皮脂の過剰分泌によるものですが、更年期になると女性ホルモンの分泌量が少なくなり、男性ホルモンが多くなってしまいます。実は、男性ホルモンが多くなると皮脂の分泌が盛んになってしまうのです。

ただ、どこにニキビが発生しやすいかという点については、思春期ニキビと更年期ニキビで違いがあります。思春期ニキビはTゾーンに多く発生してしまいますが、更年期ニキビはあごやフェイスラインを中心に現れます。

それから、更年期になって肌に現れる変化というのはニキビだけではありません。 様々な肌トラブルに繋がってしまうこともあるので、注意が必要です。

これには、年齢を重ねるにつれて肌のバリア機能が衰えてしまうことも大きく関係しています。 肌はヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分の力によりバリア機能を維持していますが、歳を取るとこれらの成分が肌から失われ、傷つきやすい状態になってしまうのです。

加齢による減少なので仕方がないのですが、外からヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧品を使うことにより、不足しがちな成分を補うことができます。更年期が始まるのは40代半ばくらいからと言われていますが、50歳を過ぎてから発生したニキビは、ほとんどがホルモンバランスが原因です。

なんとなく肌がベタつくことが多くなってきたと感じているのであれば、ホルモンバランスが変化して皮脂の分泌量が多くなってきたことが疑われます。 皮脂が毛穴に詰まってニキビに繋がらないよう、普段からしっかり洗顔を行うようにしましょう。