乾燥肌を改善してニキビを予防しましょう!

ニキビ化粧水 > 肌の乾燥とニキビの関係

肌の乾燥とニキビの関係

ニキビといえば、オイリー肌の人にできやすいイメージがありますよね。ですが、乾燥肌であればニキビができにくいというわけではないのです。乾燥肌の場合も、オイリー肌と同じくニキビができやすい肌質であるということを理解しておかなければなりません。

まず、乾燥した肌はニキビだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こします。肌の乾燥を防ぐうえで大切な役割を持っているのが肌の油分でもある「皮脂」なのですが、皮脂は洗顔をすることで流れ落ちてしまうのです。
メンソレータム製品一覧

そのため、洗顔後は保水をし、皮脂のかわりとなるクリームや乳液で油分を補ってあげることが大切です。ただ、肌の油分が足りている人がクリームや乳液で油分を補給するとニキビが悪化してしまう可能性があるので、まずは化粧水と乳液だけをつけて様子をみてみるといいでしょう。

その上で肌が乾燥すると感じる場合は、クリームも使うようにします。肌を乾燥から守るためには、保湿成分が配合されている化粧水を使うのが効果的です。

中には化粧水だけをつけて終わりにしている人もいるようですが、これでは保水はできても保湿をすることができません。油分を含んだスキンケアアイテムで蓋をしてあげなければ、せっかく補った水分がどんどん蒸発してしまうのです。

乳液やクリームの他、美容液にも保湿成分が含まれているので、こういったものを活用していきましょう。美容液を使う場合、有効成分をしっかり届けようと肌へ強くすりこんでしまう人がいますが、これはおすすめできません。

化粧水は、できれば洗顔後すぐにつけるのが理想的です。洗顔が済んだあとは顔が乾燥しやすい状態になっているので、水分が失われるのを一刻も早く止める必要があるからです。

お風呂に入ったついでに洗顔をするという人も多いかと思いますが、洗顔後すぐに化粧水をつけることができるようにお風呂場に化粧水を準備しておくといいですね。すぐにたっぷりの化粧水をつけることにより、肌を乾燥から守ることができます。